大東市初!
子どもの発達の土台をつくる」
ビジョントレーニングスタジオ「べすとびじょん」です。
「べすとびじょん」では欧米で80年以上も歴史のある、子どものビジョントレーニング(視機能訓練)を基本に、こころを整えるメンタルトレーニングや、体幹を整えるコーディネーショントレーニングなどを取り入れ、子どもの自信とやる気を育てます。
また、心と身体の土台をつくる独自のプログラムでトレーニングをおこなっています。
現在、子どもがあそぶ公園では遊具が消え、スマホやゲームなどの普及で当たり前にあった遊びの中から経験していた育むべき感覚をつなぐ事が出来なくなっています。
その結果、小学校・中学と進むにつれ勉強や運動、人間関係などで、つまずく事が多くなり「どうせやっても無駄」「どうせ私なんか」などの自己否定につながる事も多々あります。
べすとびじょんは、これらの予防や改善はもとより、子どもそれぞれの課題を見つけ、意味のある遊びを通した独自のプログラムで、子どもたちの「できた!」を増やし
心と身体を育むお手伝いを致します。

教室でトレーニング中の女の子

代表ご挨拶

久保田みき写真

「べすとびじょん」代表 久保田実希

こんにちは。代表の久保田です。

私は小学校の頃からバドミントンをしていまして、学生時代は全国制覇の強豪校で青春期を過ごした経験から子育てが落ち着いた頃から地域のジュニアのバドミントンのコーチとしての指導する活動をしていました。

そのチームでは小学1・2年生の初心者の子どもたちの指導をしているのですが、子どもたちの動きや話の理解力にとても違和感を感じました。

それは、子ども達が自分の思い通りに、言われた通りに身体を動かせていないことでした。

どこかぎこちない、話が伝わらない、行動に落ち着きがない、一生懸命取り組んでいるのに一向に上達しない。それがなぜなのか、とても不思議でした。

そんな時にベストビジョンのメソッドに出会い、すべてが腑に落ちたのです。

​目と手、目とカラダ、心と体のつながりなど、ベストビジョンのメソッドを学んで、はっきりとその原因と課題の改善のサポートの方法を実践した結果、明らかな結果が見えました。

指導者はもとより子どもたちの楽しそうな顔、うれしそうな顔、真剣に取り組む姿にとてもやりがいを感じました。

​私どもの「ビジョントレーニングスタジオ べすとびじょん」は、子ども達の「できた!」の自信を増やし、沢山の経験と体験から、その子どもの内なるあらゆる感覚をつなぎ、夢がある子もない子も、思い通りの自分になれる!そんな子どもの成長を応援します。

そして、文明が発達し、子どもたちの遊び方が変わり、バーチャルやAI など人工知能となるようなこんな時代だからこそ、お子さまの成長や育成を保護者のみなさんと一緒になって寄り添いながら子育てを考えていけたらと思っています。

ビジョントレーナー 横田幹雄

国家資格 キャリアコンサルタント

​キャリア  デベロップメント アドバイザー

ニューロビジョントレーナー

メンタルヘルスマネジメント検定 Ⅱ種

子どもの視るチカラを育て学習力・運動能力をぐんぐん引き出す ビジョントレーニングスタジオ「べすとびじょん」のシニアトレーナーの横田幹雄です。

私は前職、メンタルカウンセラー・パーソナルコーコーチング・キャリアコンサルタント(国家資格)・メンタルトレーナー・ビジョントレーナーとして多くの若者の支援をおこなってきました。

そして、その国や地方自治体の若者の自立支援事業に携わった際、幼少期の心のつまづきと身体的なつまづきが、子どもから大人へと社会に出る際に大きな影響をすることに気づき、思案の結果、ビジョントレーニングとメンタルコーチングを基本に、これまで会得してきた支援法を融合し、独自のメソッドのベストビジョンメソッドを開発しました。

現在では、発達にゆっくりな子どもから、ジュニアのスポーツチームや選手、アスリート、社会人のプロスポーツ選手など、あらゆる人のメンタルとビジョンのトレーニングサポートをおこなっています。

​最近では、地域の小中学校の先生や、子どもの保護者、スポーツチームのコーチや指導者の方たちに、ベストビジョンのトレーニングメソッドを指導しております。

​新年号を迎えた令和元年より「ベストビジョン」のメソッドを活用するトレーナー育成にも力を注ぎ、ビジョントレーニングが一人でも多くの方に役立つよう普及に努めています。